Home > 探偵★脱毛スクープ > 今さら聞けない脱毛の常識 > 脱毛エステのクーリングオフ

脱毛エステのクーリングオフ

beautiful asian woman relaxing

脱毛エステのクーリングオフはしばしば問題になるものです。
脱毛エステでは自分で気に入った商品を目で見て購入するのとは違って、実際に何回か利用してみないとなかなか効果が分からないために、クーリングオフの制度を利用したり、契約解除を途中で申し出ることになるケースが少なくはないのです。
そして脱毛エステはテレビCMで見たり、雑誌に載っていたり、インターネットを見ていくことが多く、よく分からないままに行く人もいるので、特にクーリングオフの問題に発展するケースが多いようです。

クーリングオフが適用されているケース

脱毛エステではもちろんクーリングオフが適用されますが、脱毛エステでクーリングオフが適用されているケースとしては、契約期間が1ヵ月以上で契約金額が5万円以上のものや、キャッチセールスのような不意打ちのように契約させられた場合や、契約書にきちんとクーリングオフ出来ると書かれている場合は、堂々とクーリングオフをすることが出来るのです。

クーリングオフはこういう場合に自分が支払った金額の返金を要求出来て契約を白紙にすることで、クーリングオフのやり方は簡単で、自分でエステに連絡するのには抵抗がある場合は、8日以内にクーリングオフのハガキを出せばいいのです。
クーリングオフはハガキに指定されている内容を記入して、契約書に書いてあるエステ業者の住所に送るだけでいいのです。

この時に注意することは、ハガキを出した証拠を必ず残すようにすることで、配達記録郵便で送ることを忘れないようにしましょう。こうすればその後エステ業者から返金の手続きの連絡がくるのです。そしてしばらくしてもエステ業者から連絡がこない場合は、
消費者センターに連絡するようにして下さい。

(編集部:松田雅美)


この記事が気になった方はココをチェック!

中途解約や返金保証に対応したおすすめ脱毛サロンはこちら

その他の人気脱毛をお探しの方はこちら


探偵★脱毛スクープ

旬なネタをお届け!

家庭用脱毛器「裸美-LAVIE」使ってみました♡

大人気!ミュゼの脱毛を編集部が実際に体験!

人には聞けないVIOラインのカタチ

予約日に遅刻・キャンセル・ドタキャンした時のペナルティは?!

30人に聞いた初心者の不安体験談

脱毛サロンデータベース

スベログ新着記事

新着情報


ページ上部へ戻る